収益不動産を選ぶ時のポイント

不動産投資の成功

収益、キャッシュフローを生むような物件を見つけるのが大切。そのために重要となるのが購入物件をきちんと見極めること。こちらでは投資物件選びのポイントを解説していこう。

将来に収益となるような物件を選ぶときのポイントとはなんだろう?

立地条件

立地は、収益不動産を選ぶ上では一つのポイントとなる。
収益物件にとって優れた立地とは、駅から10分の圏内にある、 または都心へのアクセスが容易、スーパーやコンビニ、公園、病院が近くにある、など。借り手の立場に立って考えてみることのが大切。

将来性も考えて

将来性、資産価値を考えると、土地の形や接道の状況を見るのも大切で、また、近くに駅や商業施設の建設が予定されている場合は、将来、資産価値を維持することができるだろう。
そのような物件を選ぶようにすれば、入居者がゼロといった不安は少なくなるはずだ。

利回り

投資用の収益物件を選ぶときは一番大切なのが利回り。
収益不動産を選ぶときの判断基準は収益性のみでも問題ない。

収益物件を購入する際、物件の担保価値よりも収益が持続的に確保することができるかどうかが大切。狭い道路、借地権、木造などというふうに、考え方をまったく変えてみることもひとつの手段。収益不動産や投資用不動産を選ぶときの注意点として、物件に対して惚れ込みすぎないように、冷静に判断すること。

物件を選ぶ要素は、駅からの距離や物件の外観などいろいろあるが、ポイントは実質利回り。

結論として、利回りの良い物件が、優れた収益物件ということとなる。


pickup

高齢者向け宅配弁当 フランチャイズ