安定した家賃収入(インカムゲイン)

不動産に投資する場合には、期待収益としてのインカム・ゲイン(家賃収入など)とキャピタル・ゲイン(売却利益)がある。

インカムゲインとキャピタルゲインを合わせて判断するのが投資の基本となっているが、不動産投資の一番の魅力は、毎月に安定的な収入を得られることだ。特に今の日本の経済状況を考えると老後のために安定した収入はとても魅力のあるものだ。家賃収入に向いた物件を広島で探すなら広島 賃貸をあたってみるといい。

他の金融商品では、このような毎月分配金を受け取れる商品は少ないのが現状である。

不動産投資の収益

収益=家賃(インカムゲイン)+売却益(キャピタルゲイン)

株式投資においても配当は多くて半年に一度か、1年に一度。場合によっては投資した会社の業績がおもわしくなくて、配当が行われないこともあり得る。

その点では、不動産投資の場合だと、入居者が確保できれば、その入居者が退去するまでの間は、一般的に2〜3年は安定した収入が毎月見込める。これが年金を補うとも言われている不動産投資の大きな魅力。

不動産投資の基本はインカムゲイン

株価の低迷が発生すると、株式の値上がりが期待しにくいと投資家は判断し、不動産や債券投資などのキャピタルゲイン以外のリターンを目的とする投資に移る。

為替リスクや株価リスクがないインカム型の投資として、不動産投資に注目が集まっている。

私的年金

国の年金に不安があることは、今では一般的なこととして誰もが思っていることだろう。

現役の若者の世代が将来受け取ることができる年金額が充分でないということは想像できること。そのための収益源として、不動産投資では「大家さんになる」こと、つまり会社を退職した後も「年金」がわりに「家賃収入」を得ることができるのだ。

最近注目されているJ−REIT

その中でも、J−REIT(不動産投資信託)は、小口で分散投資ができる流動性のある商品として資産設計に最適な商品と思われる。

魅力としては、配当利回りは5%程度と高く、20万円〜60万円程度で不動産投資ができることだろう。

J−REITは株式と同様、証券取引所に上場されており、売買の流動性が高く、その点ワンルームマンションのような実物投資に比べて優位にある。


おすすめWEBサイト 5選

アルコールチェッカーの比較